MENU

WITHUSGROUP
RECRUIT

経営者の思い、理念、大事にしていることは?

ウィズアスは、『日本の中小企業経営者を支援、日本経済を活性化させたい』という思いで運営しています。
グループで、厚生労働省関係の雇用に関する助成金から、経済産業省関係の補助金、創業時の融資など、スタートアップ企業の資金調達の支援を数多くご支援してまいりました。
一般に、創業5年で85%の企業が廃業すると言われています。
廃業の理由は様々ですが、創業時の資金繰りが一番大きい問題です。
そこで、ウィズアスは、社会保険労務士と行政書士(士業)の資格で、助成金・補助金・融資などの資金調達をサポートし、中小企業の経営を後方支援していきたいと思っています。

主要な商品・サービス・ブランドはどのようなものがあるか?知名度はどうか?

グループとして、助成金、補助金、融資などの資金調達支援をしながら、企業の成長フェーズの応じた労務サポートを行なっています。 社労士法人では、給与計算、保険関係の手続、労務顧問サービスを提供しています。 助成金や補助金については、オウンドメディアも運営しており、ご支援の件数は、国内トップクラスです。

助成金ドットコム https://jyoseikin.so-labo.com/

行政書士法人では、補助金や融資支援の他、会社設立、外国人ビザ関係、営業の許認可関係のサポートを行なっています。 また、自グループで開発した、自動仕訳クラウドサービス【仕訳with】があり、会計まわりのお仕事もあります。

仕訳with https://shiwake-with.com/

独自のITシステム開発も行なっており、ワンストップでご支援できるところがウィズアスの強みであり、時代に合わせて常に新しいサービス開発に力を入れています。 ウィズアスのクライアントは個人事業主から従業員10名程度の中小企業が多くありますが、 数百人規模の企業から、上場企業まで幅広いクライアントがいます。

営業所(店舗)数や近年の業績推移はどうか?

2010年4月に埼玉県川越市で創業して、現在は、東京都新宿区と新潟県三条市にもオフィスがあり3拠点、20名体制で展開しています。新潟県三条市は、戦略上の展開というわけではなく、 新潟出身の古株社員が新潟に帰りたいということで1回退職をしたのですが、声を掛けたところまた戻ってきたいけど、新潟からなるべく出たくない、 とのことで、思い切ってオフィスをオープンしました(笑)

どのようなお客様や取引先がいるか?お客様に支持されている部分はどこか?

ウィズアスは、クライアントの目線にたち、どうしたらお客様のためになるか?を考えて、新しいサービス開発をしています。

社内の雰囲気や企業文化について

 

士業法人の中でもかなりベンチャー路線なので、社内も和気藹々とした雰囲気だと思います。

適材適所でなるべく個々のメンバーそれぞれの個性や特技を活かしてあげたいと思っていて、

過去の経験を活かしてバリバリキャリアを積んでいる方や、あいている時間で働きたい主婦の方から、様々な方がそれぞれの立場でお仕事をしています。

今後の事業展開は?将来性は?

士業界は、AIなどに淘汰されるかもしれないと言われている業界ですが、むしろ新しい仕事を作り出して、より成長していくことができ、魅力的な業界だと思っています。

ウィズアスでは、クライアントにとって有用なサービスをつくりつづけ、クライアントに選んでもらえる業界トップのベンチャー士業法人であり続けたいと思っています。株式会社では資金調達もして随時システム開発もしているので、上場も目指していくかもしれません。

withus group

RECRUIT